QIDI X-Plus (XYZ型)

  • 中国(QIDI Tech)製。使っていて手がかからない安心感がある
  • 内部構造は金属部品が多用されて剛性が高く、プリント品質も安定
  • 加工可能な寸法が大きい
    最大造形寸法(270mm×200mm×H200mm)
  • フィラメント押出機構が印刷ノズルと一体のダイレクトエクストルーダータイプ
  • PLA、ABS、TPU等に対応。高温用ヘッド(~300℃)への交換でナイロン、炭素繊維、ポリカーボネートも出力可能(当面はPLA以外は個別相談で)
  • 純正スライサーソフト(Curaベース)

Maestro(ATOM) EX2.5(デルタ型):操作手順書を準備中

  • 台湾(Layer One)製ATOM。日本の代理店で名前をMaestroと変えて販売(2015~)しているもの
  • 金属製で作りがしっかりしたきれいな機械。最新機種ではない分、使う側の工夫や使いこなしが求められる
  • デルタ型、ボーデンエクストルーダータイプ
  • デュアルエクストルーダー/シングルノズル機種。フィラメントをダブルで使えるため、以下が可能(ただし都度切り替えが発生するため印刷時間が長くなり、余分な材料消費も伴う)
    ・異なる種類の材料で1つの造形を作る
    ・水溶性のフィラメントでサポートを作ってプリント 後に水洗いで除去
    ・色が2色の造形を作る
  • 加工可能な寸法が大きい
    最大造形寸法(Φ220mm×H320mm)
  • PLA、ABS可(当面はPLA以外は個別相談で)
  • スライサーはCura(v15,3)、KISSlicer(シングル使用のみ)をメーカー設定サポート
  • キット購入品、実機組立の過程は以下で公開
    https://www.youtube.com/channel/UC0grjHk46AhLxcabFYjngew?sub_confirmation=1