• 国産キット(OriginalMind)。射出成形によるプラスチック製品製造を卓上サイズで行えます。
  • 小物プラ部品を数十個量産したり、射出成形や金型設計の技術教育用の教材にも。
  • 別途プラスチックを流し込む金型を準備する必要があります。
  • 組立前の状態でずっと置いておいたら、後継機種(INARI M12)が発売されてしまいました(樹脂の最大押出量が6cc⇒12ccに倍増)。それに伴い、製品名がこちらはINARI F06に変わります。早く組み立てないと。